スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 

The Golden Compass

JUGEMテーマ:映画

『The Golden Compass』を観てきました。邦題は「ライラの冒険 黄金の羅針盤」です。
おもしろい! おもしろいよ、これ!!
冒険ファンタジーものでは、ハリーポッターよりもナルニア国物語よりもロードオブザリングよりもおもしろいよ。
白クマの対決シーン、迫力あったしかっこ良かったねー。
これは続編があるようだし、すぐまた見たいって気持ちになりましたよ。
続編楽しみだなー。早く見たいなー。

☆☆☆☆  ←4つはあげすぎかな〜?


か行 ]
comments(0) : trackbacks(8) : 

ザ・クラフト

1000円プライスのDVDが先月末に発売。
『ザ・クラフト』、結構好きな映画です。
その後のスクリームシリーズやラストサマーシリーズにつながる少女系サスペンス・ホラー映画の先駆けだったのではないかと思ってます。

脇で出演していたネイブ・キャンベルは、前出の『スクリーム』では主演を張ってますしね。

さてこの映画、霊感の強い転校生サラは、3人組の少女と知り合う。サラは彼女たちと親しくなり、やがて黒魔術の儀式にも参加。サラの霊感を得て、彼女たちは魔力を手にしたが、若い彼女たちは魔力を自制できず、次第にそれを濫用する。これに嫌気のさしたサラはグループを抜けようとするが・・・、てな内容。
彼女たちの絶頂期に4人で学校内を並んで闊歩するシーンがスローで流れるのですが、そのショットはかっこいい。

主演はロビン・タニー。シュワちゃん主演の『エンド・オブ・デイズ』ではヒロインを演じてましたね。
そして最近ではテレビシリーズが日本でもヒット中の『プリズン・ブレイク』にも出演してますね。
しかしロビン・タニーはこの映画の頃がいちばんかわいかったですね。
その後、西洋女性に良く見られるように、だんだんと顔が崩れてきちゃったよね。
この映画の頃なら、当時のアメリカのティーンに人気だったアリシア・シルヴァーストーンともいい勝負をしそうな程なのに・・・。

かわいいロビン・タニーが見れるのはこの映画だけでっせ。

☆☆☆☆
か行 ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

CRANK

『CRANK』を観賞。邦題は『アドレナリン』。
予告を見たときは「あ、結構おもしろそう」と思ってみたんだけど、映画が始まった序盤はちょっと期待はずれな感じだった。
モロB級映画なつくりだったし、B級映画な「ええい、やっちまえ!」的な手法も見られないし、見て損したとか思ってた。
しかし、恋人役のエイミー・スマートが登場してから内容が一変!!
エイミーがどうしたという事ではなく、内容がおもしろくなってきた。
話がすっとぼけてきたのだ。
この映画、ジャンル的にはアクション・コメディといったところだろうが、恋人が登場してからコメディ部分に磨きがかかってくる。
また、毒を盛られて死にそうなのに一生懸命恋人のことを思って行動している主人公にも好感が持てましたね。
なかなかおもしろい映画でした。

☆☆☆


しかし、いつも言うけど邦題ってどうなんだろうね。
原題の『CRANK』は確かに日本人にはなじみの薄い単語だし、『アドレナリン』としたほうが、映画のニュアンスは伝わり易いとは思うのだけれど・・・・・。
だけど、タイトルでどうしてもニュアンスを伝える必要があるのか!?

だって、アドレナリンなら行くけど、クランクってタイトルじゃ行かないなんて人、いないだろ!?
この間の『ダイハード』みたいに、シリーズとして既に定着しているものだったら少なからず理解は示せるのだけれど、こういうのは全くわからない。
予告だとか番宣には、今みたいにアドレナリン全開〜♪って言えばいいじゃないか。
タイトルはクランクのままで。
映画のニュアンスを伝えたいなら、ポスターのリード部分や予告編の語りで伝えればいいじゃないか。タイトルで伝えようとするなって!

か行 ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

キングコング

今さらなんだけど、『キングコング』を観てきました。いや?、間に合ってよかった?!!すごい感動しました。
ここ何年か観た中のピカイチです。
3時間に及ぶ長い映画なんだけど、ちっとも長さを感じさせませんでした。スペクタクルって意味わかんないんだけど、まさにスペクタクル映画といった感じ。リメイク版だけど、こういうクラシックな映画を観れてよかったです。

キングコング、格好よかった。男はああでなくてはいけない。マジでかっこいいです。
ナオミ・ワッツも良かったです。
前半のスカルアイランドは、怖かった。(OoO;) ドッキーンッ!とさせる場面が・・・・!!(そこらじゅう)
そして後半のNYでの場面は、同情と感動・・・とにかくいろいろ。

この映画、幕の内弁当のように、いろんな要素が全てある映画の中の映画という感じです。大作です。
アクション、サスペンス、コメディ、ラブストーリー、アドベンチャー、ヒューマン、動物モノと全てが備わっています。
オレは別に映画通じゃないから、あまり監督で映画を選んだりしないんだけど、ピータージャクソンさすがです。
自分でもキングコングは思い入れのある映画だとインタビューで言っていましたが、それが観ていて伝わってくるようでした。
おもしろかった。
☆☆☆☆☆
か行 ]
comments(1) : trackbacks(3) :