スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 

The Number 23

ジム・キャリー主演の『The Number 23』を観た。
ジム・キャリーの映画を観るのは久しぶりだった。

映画の感想?
う〜ん、ちょっとつまんなかったかな。
もっと期待していたのに、ちょっと期待はずれ。
だいたい23の数字作り自体がこじつけっぽいし、画面のところどころにちりばめられている数字が観ている客に対して、23という数字を作らせようと洗脳しているかのような映画の雰囲気が気に入らない。

ジム・キャリーもシリアス路線に行きたい気持ちはわかるけれど、あの人はやっぱりコメディ向きだよなあ。
シリアスもやってもいいけど、コメディも忘れないでほしいというのが感想。

この映画の感想は、「うーん」てのが感想。

☆☆
JUGEMテーマ:映画


な行 ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

ナイト ミュージアム

『ナイト ミュージアム』を鑑賞。
原題は『NIGHT AT THE MUSEUM』。
子供向けの映画だけど、結構おもしろかった。
やっぱりベン・スティラーはおもしろい。

前半は、「なんだな〜」て雰囲気だったけど、後半のクライマックスに向けて一気におもしろくなったね。
なかなかよかったよ。

☆☆☆

な行 ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

ニューヨークの恋人

ニューヨークの恋人 特別編

ニューヨークの恋人

特別編
テレビでやってましたね。

DVDを持っているのにテレビでやってるとついつい見ちゃうんだよね。

メグ好きのオレとしては、メグ作品で中の上ぐらいに位置づけています。後期の作品の中ではまずまずではないでしょうか。

とってもメグライアンっぽいラブコメ作品です。



中盤あたりで、メグが公爵をCMに起用するカメラテストに成功して二人で帰る途中にメグが喜んでいるシーンがありますが・・・・、

あの喜び方、メグライアン独特の喜びシーンですね。

他の映画でもみんなあれ。

個人的にメグアクションと名づけました。

実際に呼ばれているのかどうかはまったくわかりません。

嫌いな人には「あいつ、どの役やってもあれかい!」ってことになるんでしょうな。

☆☆☆
な行 ]
comments(0) : trackbacks(1) : 

25年目のキス

25年目のキス

25年目のキス
今日、スカパーでやっていました。

ドリューバリモアは度胸もあるし、ちょっとイッちゃっている女優なので、結構好きです。

この25年目のキス(原題は“NEVER BEEN KISSED”かな)はラブコメものだし、おもしろそうだけど、退屈そうかもしれないし、ちょっと映画館では見るか見まいか迷っていた作品でしたが、今日初めて見て、なかなかおもしろい作品でした。25歳のくせして高校生に成りすますという設定はかなり突拍子もないですね。

んで、主人公の弟くんのロブがかなりおもしろい。

お姉さんを助けるために自分も高校生の振りして、「オレが人気者になって姉貴を助ける」(姉ちゃんはちょっと浮いていた)と言って転向初日にコールスローの大食いをして人気者になってしまうシーンは爆笑ものでした。

イケてるドリューがイケてない主人公を演じていますが、うまいもんです。おもしろかった。

☆☆☆
な行 ]
comments(0) : trackbacks(0) :