スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 
<< prev entry  next entry >>

CRANK

『CRANK』を観賞。邦題は『アドレナリン』。
予告を見たときは「あ、結構おもしろそう」と思ってみたんだけど、映画が始まった序盤はちょっと期待はずれな感じだった。
モロB級映画なつくりだったし、B級映画な「ええい、やっちまえ!」的な手法も見られないし、見て損したとか思ってた。
しかし、恋人役のエイミー・スマートが登場してから内容が一変!!
エイミーがどうしたという事ではなく、内容がおもしろくなってきた。
話がすっとぼけてきたのだ。
この映画、ジャンル的にはアクション・コメディといったところだろうが、恋人が登場してからコメディ部分に磨きがかかってくる。
また、毒を盛られて死にそうなのに一生懸命恋人のことを思って行動している主人公にも好感が持てましたね。
なかなかおもしろい映画でした。

☆☆☆


しかし、いつも言うけど邦題ってどうなんだろうね。
原題の『CRANK』は確かに日本人にはなじみの薄い単語だし、『アドレナリン』としたほうが、映画のニュアンスは伝わり易いとは思うのだけれど・・・・・。
だけど、タイトルでどうしてもニュアンスを伝える必要があるのか!?

だって、アドレナリンなら行くけど、クランクってタイトルじゃ行かないなんて人、いないだろ!?
この間の『ダイハード』みたいに、シリーズとして既に定着しているものだったら少なからず理解は示せるのだけれど、こういうのは全くわからない。
予告だとか番宣には、今みたいにアドレナリン全開〜♪って言えばいいじゃないか。
タイトルはクランクのままで。
映画のニュアンスを伝えたいなら、ポスターのリード部分や予告編の語りで伝えればいいじゃないか。タイトルで伝えようとするなって!

か行 ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

スポンサーサイト

[ - ]
- : - : 

COMMENTS






cookie:

TRACKBACKS

TB URL :: トラックバック機能は終了しました。